年末年始に台湾旅行をしたら、正月ムードは全くありませんでした

私は年末年始に台湾へ旅行に行ったことがあります。

年末年始を海外で過ごしたのはその時が初めてでした。

台湾では旧正月を盛大にお祝いするために、日本の正月の時期は普段通りといった感じでした。

泊まったホテルのロビーには年を越しても、クリスマスツリーが飾られていました。

唯一、年末を感じることができたのは、滞在先のホテルのテレビで見た、日本の紅白歌合戦の番組でした。

時差が1時間あるので紅白歌合戦が終わっても、しばらく年が明けませんでした。

1月3日の夜に帰国しましたが、正月3が日が終わっていて、その年は年を越したような気分にはなれませんでした。

帰宅してからは残り物のおせち料理を食べて、少しだけ正月気分を味わいました。

しかし、台湾では有名な観光地へ行き、普段とは違う体験ができたので、想い出に残る旅行になりました。

中国語を勉強していましたが、あまり通じなかったことが残念でした。

海外旅行をする時は、やはり現地の言葉がある程度話せた方が楽しめると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です